公共施設

網地島の公共施設の画像

網小医院給食センター

平成11年9月、栃木県の医療法人が、廃校となった網長小学校の校舎を利用し、「網小医院(あみしょういいん)」として診療所を開所しました。
診療科目は内科・外科・泌尿器科などで、CTスキャンやレントゲン、手術室もあり、栃木県の本院との連携態勢も整えられて、島の住民だけでなく、隣の田代島や本土から通院してくる人もいます。

平成14年には校舎の残りの部分を改築し、デイサービスセンター・高齢者生活福祉センターが併設され、平成22年からは網小医院の入院施設は介護老人保健施設となり、『小規模介護老人保健施設 網小』に転換しました。また、災害時の対応として、平成24年に校庭跡地を防災ヘリポートとして整備し、緊急時に備えています。

平成15年に、文部科学省の「廃校リニューアル50選」にも選ばれており、全国の離島におけるモデルケースとして注目を集めています。

網地島の紹介 – 石巻市役所ホームページ


石巻市網地島デイサービスセンター

石巻市網地島デイサービスセンターは医院を併設しています。患者が急病や急変の場合、すぐに併設医院での診察が可能です。
交通手段に不安を抱える利用者は、希望すればデイサービス終了後の診察も可能です。


網地島「島の楽校」の画像

石巻市島の楽校

石巻市島の楽校は、児童生徒の心身ともに健全な育成を目的とした施設です。図書館は読書室として開放されています。旧音楽室は食堂として調理もでき、合宿などの宿泊施設にも利用されています。